明日のわたし、もっときれいな私

ADDICTCARE

プロヘアメイク監修

常に「満足感」を得られ
「自分らしく」自信が持てるようになる

唯一の艶髪トリートメントエステ

髪が傷みすぎてヤバイ!原因と改善方法知りたい。そんな時に見るべき記事

 

んにちは。表参道の髪質改善美容院addict care編集担当です。

今回は枝毛や切れ毛、ゴワゴワ、チリチリ、、、髪が傷みすぎてヤバイ!そんな方に特別に現役美容師が教える『髪質改善メソッド』をご紹介していきますね。

髪質は放っておいても良くなることはありません。ケアできる今のうちに効果的な改善策を実践してあなたも理想の髪質を手に入れましょう!

最後に注意点などもご紹介しているので、髪質を大切にしたい方はぜひ、最後までご清聴ください。

が傷んでいる状態とは

髪が傷んでいる状態

まずは、そもそも髪が傷んでいる状態とはどのような状態のことを示すのかをご紹介していきたいと思います。もしかしたら傷んでいないと思っている方も実は傷んでいたり、逆に傷んでいると思っていて実は傷んでいなかったりしますからね。

髪は一番外側のキューティクル、その内側のコルテックス、中心にあるメデュラの3層で構成されています。髪がダメージを受けると外側のキューティクルがめくれたり剥がれ落ちたりします。

そしてこのキューティクルのダメージにより、髪の内部の水分がなくなりタンパク質が流出してしまいます。

それによって髪の粗しょう化と呼ばれる髪の内部は空洞ができた状態になってしまいます。そして髪の内部の水分やタンパク質が少なくなってしまうと、パサつきやゴワつき、きしみにつながり、枝毛や切れ毛になってしまうのです。

つまり、枝毛や切れ毛になっている人は既に髪が傷んでいると言えるわけです。

が傷む原因

髪が傷む原因

髪が傷む原因は様々あります。もちろんパーマやカラー剤といった外的要因による原因もありますが、実は食生活やストレスも髪が傷む原因となる可能性があります。

髪が傷む原因
・ストレス
・パーマやカラー
・ドライヤーやコテ
・自然乾燥
・紫外線

ストレス

実はストレスは髪の毛が痛む原因にもなります。ストレスは自律神経の乱れにつながり、それによってホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れることにより、頭皮の毛細血管が収縮してしまうのです。

頭皮の毛細血管が収縮して血行が悪くなってしまうと、髪に十分な栄養を送れなくなってしまい、新しく生える髪も健康な状態ではなくなってしまうのです。

ちなみに、仕事や人間関係などのストレスだけでなく、髪の毛の痛み自体がストレスになる可能性もあります。

パーマやカラー

パーマやカラーが髪の傷みの原因であるということはあなたもご存知だと思いますが、たび重なるパーマやヘアカラーも髪が傷む原因です。

パーマやヘアカラーは髪の内部に薬剤を浸透させるために、キューティクルを無理やり開きます。そして髪の内部にあるタンパク質の形状を変えたり、着色したりするのです。

キューティクルを無理やり開くという行為が髪の傷みにつながります。さらにカラー剤が髪の内部まで作用してしまうので余計に傷みやすくなってしまいます。
とは言っても髪は染めたいですよね。

大丈夫です。後できちんと対策をご紹介しますから^^

ドライヤーやコテ

ドライヤーやコテも熱を使うのでもちろん髪が傷む原因になります。ドライヤーを長時間使用することも髪に高温を加えることになります。髪のタンパク質は、熱を加えることにより形状が変わってしまいます。また、髪の外側にあるキューティクルは熱に弱いのです。

人間は熱いものを触ると火傷しますよね。火傷したらその部分は水膨れができたりと何かしらの症状がでますよね。髪も同じです。

高熱を当てすぎると物凄いダメージを与えてしまうのです。

自然乾燥

ドライヤーで髪を傷めてしまうからと言って自然乾燥も実は髪が傷む原因になってしまいます。(髪はとてもわがままなのです笑)

実は髪が濡れている時ってキューティクルがオープンになってしまっている状態なので、髪がとても無防備な状態になってしまいます。

それによって、髪の内部のタンパク質が流れ出ていき、痛んだ状態で乾燥しやすくなります。

もちろん髪が濡れたまま寝てしまうのはNGですよ。枕と髪の摩擦により、キューティクルがボロボロになってしまいます。

紫外線

実は、髪は顔や体に比べて、紫外線のダメージを5倍も多く受けてしまいます。
紫外線を長時間浴びることにより、キューティクルは壊れてしまいます。

髪の内部のメラニン色素を破壊するだけでなく、正常な細胞を酸化させて老化を早めてしまう「活性酸素」を作りだしたりしちゃいます。

これが髪を痛めることにつながってしまうのですね。

また、頭皮が紫外線を長時間浴びることにより、毛根組織の働きは弱くなります。それによって、健康な髪が作れなくなってしまうのです。

んだ髪の改善方法

髪の悩みがある多くの方は『市販のトリートメントでも直せる』と思っていると思いますが、実は市販のトリートメントでは傷んだ髪を改善させることはできません。

髪は爪と同じで、死滅細胞と言って一度死んでしまったら回復することができない細胞となっているからです。

「じゃあこのパサつきからは逃げられないのか…」と思ってしまった方もいるかもしれませんが、安心して下さい。

美容院の髪質改善トリートメントの場合、髪の内部。つまり、髪質そもそもを改善していくので枝毛や切れ毛のような髪質でも整えることができます。

専門では無いにしても、ADDICTCARE以外の美容サロンでも髪質改善トリートメントをしてくれるところはあると思うので、ぜひ一度やってみてください。本当に生まれ変われます。

※美容師の中でも100人中90人は髪質改善に関する”正しい知識を持っていなかったりする”ので、失敗しないためにも専門的なサロンにお願いするのがベストです

ADDICTCAREの髪質改善

通常の髪質改善トリートメントは、 元々体内にない擬似的な栄養を入れ込んでいるため、 髪に定着せず流れ出てしまいます。

ADDICTCAREの髪質改善トリートメントは 水素量が多い高濃度の水素をメインに扱っているので、効率よく【活性酸素】と結合することができ、髪内部で水分として定着します。 

そのため、回数を重ねるほど髪の水分量が増して艶や髪のまとまりが出ます。

他にも、必要な油分やタンパク質など、髪に必要な栄養素を髪に入れ込むため、 髪表面のキューティクルも整えられ、ハイダメージの方でも艶のある指通りのいい誰もが憧れるような艶髪にすることができます。

補足として、活性酸素が髪や頭皮を老化させて、ハリコシが無くなったり、白毛の原因にもなってしまうので、本質的な髪質改善は水素でしか解決しません。

 

また、髪質は十人十色です。
ADDICTCAREの髪質改善は一人ひとりの髪質に合わせた成分の配合などを行うので、完全オーダーメイドな髪質改善となっています。そのため、あなただけの髪質改善トリートメントを提供いたします。

(どんなにハイダメージの方でも理想の艶髪になるのは、まさに一人ひとりの髪質に合わせた施術を行なっているからです。)

 

▶︎ADDICTCAREのメニュー確認・ご予約はこちらから